下久堅の紹介

小林の観音桜

 知久平城の支城であった小林城址からおよそ南東300メートルに観音堂があります。その境内に、天然記念物に指定されている樹齢約300年と言われるしだれ桜があります。観音堂に隣接していることから古くから観音桜と命名され住民から久しまれています。

小林の観音桜
(小林の観音桜)

文永寺の桜

 文永年間に創建された文永寺の歴代住職は、宗�殳・仙耀・宗信・宗然・厳詢と続き、いずれも醍醐寺理性院や禁裏の小御所での大元帥法の伴僧を勤めていたと言え云われ、醍醐寺との関わりが大変深かったのです。その醍醐寺の桜が当文永寺にもたらされたと伝えられています。
 桜保存会では、文永寺と桜を地域の宝として後世につなごうと剪定や肥料を入れるなど懸命の努力をしています。

 

 

文永寺の桜


下久堅の歌