下久堅の紹介

獅子舞

 下久堅の各区には、鎮守の杜があってお祭りが行われています。お祭りと言えば獅子舞といわれ、明治から大正の初め頃には各区に獅子舞があって老いも若きも祭りの前夜まで練習を重ね、神社への奉納と集落内を練り歩き地区民の安寧を祈願したという。
 下虎岩区には「北原獅子」、「中組獅子」の二つの獅子舞があります。
 下虎岩区の獅子舞は、200年前から演じられていたといわれ、氏子衆は太鼓と笛の音そして舞いに酔いしれるのです。また屋台に付けられた花は縁起物であり、その花を大人も子供も欲しがり、いつ配られるかと獅子舞と行動を伴にするのです。ご覧頂きたいと思います。

北原獅子
(北原獅子舞)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック