下久堅の紹介

知久平城址(知久平内御堂)

 知久平という地名は、知久本郷から来ています。知久氏は鎌倉時代の初めから本拠をこの知久平に置きその勢力を張っていました。その後ご戦乱が続く中、知久氏は天嶮を拠点とする神之峰(上久堅地区)に城を築き常駐していましたが、天文23年甲斐国の武田信玄との戦に敗れ知久氏は一時滅びました。神之峰城の支城には、小林城・虎岩城・北原城・富田城・伊久間城・阿島城・等があり今もその城跡が見られます。
 知久平の地へ新しく城を築いたのは菅沼小大膳定利です。神之峰のような山城でなく、伊那盆地を一望できる平山城を築造されたのが、天正11年であったと言います。
 南北450m・東西170m、主廓と三つの廓、総廓、出廓を配した県下でも稀にみる壮大な城跡です。天文16年廃城となりますが、その間約400年この地の政治文化の中心地でした。この地に立てば、歴史の盛衰を肌で感じることができます。

・・・むかし誰か のりたる馬の くつわむし 
あれにし城に なきみたれつつ・・・
(知久平城址和歌から)

知久平城址


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック