下久堅の紹介

ひさかた和紙

 紙すきは、かっては下久堅の主要産業であり、「全村紙漉き成村」と言われていました。明治の始め頃には、多くの農家が紙漉きに関わりも持ち日当たりのよい庭先には紙漉き場が設けられ、農家の貴重な現金収入源でした。
 しかし洋紙の普及により和紙産業は衰退し、昭和36年の「三六災害」を堺に多くの農家が紙漉きを止められ、現在は1軒もありません。そんな伝統を、地域の貴重な文化として残そうと、かっての紙漉き農家の方々や公民館を中心に「ひさかた和紙保存会」を立ち上げ、和紙の里として保存活動を展開しています。
 又小学校と共働し、和紙の材料である楮やトロロアオイを栽培するとともに、児童が自分たちの卒業証書の用紙を自分の手で漉いています。
 和紙紙漉き体験場は、地区公民館(所在地・知久平内御堂)に隣接されています。

紙漉
(子供達の紙漉き体験)

1